【20代向け】今すぐ転職をした方が良い人の特徴まとめ

“せめて3年は頑張って働かないといけないのではないか…”

今回はこんなことを考えている転職を検討方に向けお話をさせていただければと思います。

「3年間は頑張って働くべき」という話を色んなところで聞きますよね。ではなぜ「3年間」なのか?実はこれに明確な根拠というのはありません。

一つ言えるのは、個人の体験談ベースとして世の中に広まったのではないという事です。仮説ベースではありますが、もう少しお話をしましょう。

企業や採用担当者からすると、採用について下記のような思いがあります。

  • 早期離職率を少しでも良くしたい
  • 入社した人への教育コストを回収したい
  • 退職者が出ることの社員の就労モチベーション低下を回避したい

つまり採用にはとても多くのコストがかかるのです。

少しでも無駄なコストを減らしたいという思いから、企業が言い始めたのではないか?というのが私の考えです。

少し話が脱線してしまったので、本題に戻りましょう。

終身雇用が崩壊してきている今、20代で転職するというのは何もおかしい事ではありません。約20年間生きている皆さんは自分自身の人生についてまともな視点と判断力を持っています。

ですから、もしあなたが勤めている会社に対して何か不満がある場合は、それについて何か対応を考えた方が良いでしょう。

考えた結果、今の仕事を辞める必要があるかもしれません。そしてその判断にはとても勇気が必要です。しかし、勇気を出して一歩前進することが、あなたのキャリアを築く中での最高の判断となるかもしれません。

前置きが長くなってしまいましたが、本記事には私が今すぐ転職の検討をオススメしたほうが良いと考える理由を用意しました。

もし1つでも当てはまる場合は、一度自身のキャリアについて向き合い、考えてみることをオススメします。

充実感や満足感がない

もしかすると、あなたが毎月もらっている給与に対して不満は無いかもしれません。

しかし、あなた行っている仕事に満足感はありますか?

満足感のある充実した仕事はあなたの良いキャリアを築くことに繋がります。

自分が行っている仕事が長期的にやり続ける価値のある仕事ではない場合は、新しい環境・ポジション・仕事を探した方が良いでしょう。

新しいスキルを習得したい

同じ仕事を続けることは心理的にもとても楽です。

しかし、成長して新しい経験を積む機会を探しているのであれば、別の会社で新たに始めるのが一番効率の良い方法の可能性があります。

別の会社で働くことによって、今までとは違う新しい考え方にふれることができ、思考の幅が広がったり、新しいスキルを伸ばす機会に出会う可能性がとても高くなります。

また、自分の長所と短所について改めて考るきっかけにもなり、習得したいスキルに焦点を合わす精度が高くなることでしょう。

目標に最短で近づきたい

今の仕事を続けることが目標に最短で近づくのであれば、転職はオススメしません。

しかし、転職をすることが今よりも最短であなたが目指すキャリアの達成に向かうのであれば、今すぐに転職をすることをオススメします。

転職は戦略的に行うべきです。戦略的に転職というリスクを冒す価値があると判断するのであれば、悩む必要はありません。

チームで仕事が出来ていない

あなたのはチームで仕事をすることができていますか?

20代のうちは個人単位で仕事をするというよりも、さまざまなチームや企業文化に触れながら色んな考え方や効率的な方法を学ぶ必要があります。

若いうちから自分以外の人と協力する機会がない状態で仕事の進め方をしてしまうと、マネージャクラスになり組織について考える必要が出た時に、経験が無くとても困ってしまいます。

仕事が多忙で学習をする機会がない

目の前のタスクに忙殺される日常を送っていませんか?

もし成長する機会を自分で生み出せなくなったり、学習自体に無関心になっていると感じたらとても危険です。

実は作業的なタスク(分析作業は書類作業など)はAI・機械学習で大体できてしまい、実際にサービスを提供する企業も増えてきています。

厳しい言い方をすると、今行っている仕事は会社的に重要度は高いですが、世の中的には決して高くないのではないでしょうか。

もちろんその仕事は社会的に不必要というわけではありませんが、年収を高くしたい、良いキャリアを築きたい、という思いがあるのであれば、「作業をするためにはどんな事が必要か?」「課題に対してどんな方針で対処するべきか?」など、少しでも頭で考える事が多い仕事にあなたの時間がもっと割かれるべきなのです。

素晴らしいキャリアを築くために、もっとあなた自身に時間を投資できるような仕事を選ぶべきです。

ポジティブな気持ちよりネガティブな気持ちの方が大きい

あなたがもらっている給料の金額のみが仕事内容と残業時間のストレス解消先となっていませんか?

今やってるタスクは退屈なものではありませんか?

楽しい仕事をしている時間がどんどん少なくなっていませんか?

これらすべての質問に対する答えがネガティブな場合は、もっと条件の良い仕事・会社を探すことをオススメします。

基本的に1日8時間はあなたの時間を会社使うことになります。

なので、この8時間を少しでも楽しいと思える機会を増やすための行動をしてみたらどうでしょうか?

ただぼーっと仕事をしてしまっている

「給料に不満がなく、何か特別な不満もない」という状態はとても素晴らしいものです。

そんな時に自身に問いかけていただきたい事があります。

”自身のキャリアへの情熱は変わっていませんか?”

もし、情熱が冷めてしまっている場合はとても危険な状態です。

現状維持は退化の始まりであり、また気づきにくいためとても性質が悪いです。

安定している事は悪い事ではないのですが、”情熱に変化がないか”気を付けてください。

手遅れになる前に自分の快適なスペースから出て、キャリアを築くための挑戦をする事が必要かもしれません。

週末以外体調が良くない…

平日だけ体調が悪いという事はありませんか?

もう少し違う聞き方をすると、仕事に行きたくないと常に思っていませんか?

毎日、週末までの日数を数え続けている状態で仕事をするというのは辛いものです。

雇用者の立場でやりがいしかない仕事に出会える人は一握りだと思いますが、現在の仕事に対して常に不満を感じているのなら、転職を考えてみてはどうでしょうか?

あなたの「人生」は週末だけではありません!

このままだと燃え尽き症候群になってしまいそう…

毎月月末の納期に追われ、休日にメールをチェックするのが普通になり、提案・報告用の資料を作成し、睡眠時間も減ってきている…。

もちろん一生懸命働くことは何も悪いことではありません。

また一時的な無理が自身を成長させるきっかけになる事を私も理解しています。

しかし、無理を続ける必要は決してないのではないでしょうか?体力的・健康に被害が出そうだと感じたら無理をする必要はありませんし、その作業は本当に必要なものでしょうか?(ルールだからしょうがなくやっていませんか?)

人が疲弊する作業の多くは仕組みで効率化が可能で、効率化を実現している会社は世の中にたくさんあります。

やりたいことがあり、燃えるような情熱を持っている

論理的にも本能的にも、今が次に進む時だと思っているのではないでしょうか?

もしそうなら私も今がその時だと思います。

特に20代は失敗しても簡単に取り返しがつくので、どんどん挑戦するべきです。

結果はどうであれ、「行動をした」という事実があなたを間違いなく成長させます。

挑戦を志す素晴らしいあなたに幸運が訪れるように陰ながら祈らせてください。

20代で転職を決意したら次はどうしたら良いのか

「自分が何を考えて、これからどうしたいのか」について、他の人に話をしてみる事をおススメします。あなたの考え、判断はとても素晴らしいものです。

一方、評価をするのはいつも自分以外の方です。

まずはあなたが信頼できる人に話を聞いてもらい、フィードバックをもらってみてはいかがでしょうか?

きっと良いアドバイスがいただけることでしょう。

また転職活動はうまく行かずに長引いてしまうケースもあるので、金銭面についてもあらかじめ注意をしておく必要があります。

あなたの判断が素晴らしい結果となりますように!